事務所・弁護士紹介|湘南台・藤沢の弁護士。離婚や相続に関する相談は、湘南台のおかもと総合法律事務所へ。湘南台駅から2分。弁護士岡本の自己紹介と事務所紹介のページです。

おかもと総合法律事務所

事務所・弁護士紹介

ようこそ、おかもと総合法律事務所へ。

弁護士紹介



 初めまして、弁護士の岡本将太と申します。
 今はありませんが、ドリームランドという遊園地の近くの自然に恵まれた静かな環境で、ノビノビと生まれ育ちました。神奈川県は本当に素晴らしい県です。南には海が広がり、西には箱根、丹沢等山々が鎮座し、東にはみなとみらい21など都市が広がっています。このような多彩なスポットを持つ県はなかなか無いと思います。
 そこで、弁護士になったら地元神奈川県で仕事をしたいと考えていました。また、湘南台は市営地下鉄、相鉄線、小田急線が乗り入れる町です。地域の皆様がアクセスしやすいのみでなく、神奈川のどこでも行くことができるフットワークの良さが湘南台にはあります。そんな湘南台で、地域の皆様を全力でサポートする弁護士でありたいと思っております。

弁護士紹介

直筆

高校・大学等

日本大学藤沢高校 湘南台からほど近い日本大学藤沢高校で学ぶ。
明治大学 法学部 法律学科 大学時代、明治大学法律相談部に所属し、法律相談の責任者を務める。
これをきっかけに弁護士を目指し、司法試験を受けることを発起!
中央大学 法科大学院
(既修コース)
社会人経験のある仲間とともに学ぶ。
埼玉県で司法修習 地元神奈川を離れて、埼玉で司法修習を受け、実務を学ぶ。

趣味

自転車(ロード)

自転車 (ロード)
 父親の影響で、小さいころから藤沢にあるチームに所属。運動不足解消に乗っています。そして、ヒルクライムなどのイベントにも参加。
 練習コースとしては、国道134号線を小田原方面へ走行し、二宮のあたりまで行き,山を回っています。海風を切りながら走り、ミカン畑を横目にしながら坂道を登っていきます。元気がある日には、湘南周辺の自転車好きなら誰しも知る坂道の聖地、「ヤビツ峠」まで足を運ぶことも。

登山、アウトドア

登山 アウトドア
よく大山、塔ノ岳、金時山など神奈川県の山を登ります。
2010年念願の富士山登頂を果たしました!やはり日本一高い山だけあって大変でしたが、山頂付近からのご来光は感動します。 
登山も運動不足解消の一環として始めましたが、日常ではなかなか味わえない風景、自然の息遣いに魅了され、はまってしまいました。さらに、登頂して下山した後の温泉はまた格別です。
ラフティング(渓流をゴムボートで下る遊び)もします。

マラソン

マラソン
 設備投資が少なくて済むマラソンは研修時代よくしていました。さいたま市浦和にある別所沼はとても綺麗なところで,夜には多くのランナーに交ざって汗を流していました。
 地元では,江ノ島で毎月第1日曜日に開催されている月例マラソンに参加しています。運がいいと江ノ島、海岸、富士山という絶景を横に10キロを気持ちよく走れます。
そろそろ,ハーフ(21キロ)にチャレンジしよう(笑)

サッカー

サッカー
小学校からサッカーをしています。当初野球と迷いましたが、野球は球が小さく当たったら痛そうだという理由でサッカーを選びました。中学生では、サッカー部に所属。ポジションは左サイドバック(右利きなんですが(笑))。
現在では、横浜弁護士会サッカー部でサッカーをエンジョイしています。

事務所紹介

受付

会議室

写真のとおり、事務所内は法律事務所らしくないほど明るい配色の内装となっております。
紛争の解決や社会正義の実現という弁護士の社会的使命からすると、
威厳ある雰囲気を想像されるかもしれません。
しかし、そのことによって敷居が高く相談しにくい雰囲気を出しているのではないか、
心をより重くしてしまうのではないか、との懸念がありました。
そこで、当事務所は、明るく透明感のある雰囲気を目指しました。
事務所を開設するにあたり、自分の志として
 宝積(ほうじゃく)
 赤心(せきしん)
という2つの言葉を掲げております。

現在の自分には到底及ばない目標ではありますが、一日一日この目標に向かって努力前進し、
微力ながら人の役に立つ仕事をして、これまでに皆様から頂いた多くの御恩に報いたいと思います。

宝積


徳を積めば人として生きる最良の糧(宝)を得られ、
人に尽くして見返りを求めない。
人を守って己を守らない。

赤心



人を信じ、真心をもって人に接し、
少しでも隔てを置かない。
※ 書は、別府史風さんに書いて頂きました。

ロゴ

ロゴについて
青は「青空」、白は「雲」を表しています。
当事務所を訪れることで、少しでも心の重りを軽くし、青空のようにスッキリ安心した気持ちでお帰りいただきたいという願いを込めたロゴです。

このページの先頭に戻る